アクション

MCUの舞台裏!第6回「アベンジャーズ」─だからアベンジャーズは成功した─(感想・解説・裏話)

「僕が念頭に置いたのは、完璧なヒーローにはしないことだ。地球のピンチには彼らは底抜けに強い力を発揮する。だが状況に振り回されもする。人間臭さがないと映画は成り立たない。」
──ジョス・ウィードン(映画監督)。

2019年4月26日に「アベンジャーズ/エンドゲーム」が公開されますね。当ブログではマーベル・シネマティック・ユニバース(以下MCU)を製作者目線で振り返って参ります。

さて今回はMCUシリーズ第6作目『アベンジャーズ』です。

初めてこの記事に訪れた方のために簡単に説明しておきますと、すでに発売されているDVDやブルーレイの特典映像から、ちょっと「ヘェ〜」な小ネタや裏話、掘り出し物の情報を引き出しながら、シリーズ作品を振り返って「アベンジャーズ/エンドゲーム」に備えよう!という企画です。

前回の記事はこちら

MCUの舞台裏!第5回「キャプテン・アメリカ」─誤魔化された戦争映画─(感想・解説・裏話)「俳優が上手くないとリアルにはならない。CGの土台は演技だ。彼は素晴らしかった。」 ──クリストファー・タウンゼンド(視覚効果監修)。...

さて今回はDVDに収録されている約10分の特典映像、

およびジョス・ウィードン(監督)による音声解説を参考に『アベンジャーズ』を改めて掘り下げてみました。

しかし今回も特典映像が10分なんて…

大作のクセにサボったな。

でもまぁ音声解説が充実していたので良しとしましょう。

それでは、本題に入っていきます!

この記事はブルーレイに収録されている特典映像および音声解説を参考にしています。

だからアベンジャーズは成功した!

まずはじめに本作を監督したジョス・ウィードンは、長編監督2作目の映画監督としては新人といってもいい経歴です。

にも関わらずなぜ『アベンジャーズ』はこれほどまでに成功できたのか?

監督の手腕はもちろんなのですが、

それはひとえに役者たちの力添えがあってこその成功だったのです。

ジョス・ウィードンの起用は、マーベル作品がとにかく好きだったこと。

ただのマーベル社員時代だったケヴィン・ファイギと『アベンジャーズ』を映画化するならどうすべきか語り合っていたことが大きな理由です。

そのジョス・ウィードンに『アベンジャーズ』を任せたケヴィン・ファイギの判断はもちろん間違ってなかったのですが、今回音声解説を鑑賞していて、特に気になったのが役者たちの助言なんですね。

例えばキャプテン・アメリカとトニー・スタークが、コールソンの死について言い争うシーンがあります。

このシーンのトニーは、もっと感情的で声を荒げていたそうなのですが、ロバート・ダウニー・Jrが「まだ怒鳴るほどキャプテン・アメリカと関係を築けていない。」と、今のような冷静を装う演技に変更したそうです。

他にも、ロキがトニーを操れなくて笑いを誘うシーンがありますが、あそこはトム・ヒドルストンの提案だったり、

中でも感動的だったのが、ハルクを演じたマーク・ラファロが「僕たちは全員でこの役を演じている。僕の動きを好きに使って僕のことは忘れてほしい。ハルクにしてくれ。」っとCG製作会社のILMに手紙を送ったそうです。

僕は本作みたいな、主役級が集まるお祭り映画─クロスオーバー作品─は、お祭りの前の準備、つまり集まる前の単体作品を描いてからやるべきだと常に思っています。

それは映画を観る僕らが、登場人物たちに感情移入をする準備期間であり、感情移入できなければ、どんなに派手な映画だろうと面白くはならないのです。

好きでも嫌いでもない、興味のない人たちが集まったところで、それはやっぱり興味がないのです。

この音声解説を鑑賞するまではそう思っていたし、それは今でも間違っていないと思います。

ただし、単体作品を演じるという準備期間は役者にも必要なことだったのです。

その役を、自分のものにして魂を込めたからこそ人間臭さが表現され、映画として成り立ったのだと思います。

 最終決戦で目指したのは戦争映画だった

ジョス・ウィードン曰く、最終決戦は5つのパートに分けて脚本を書いているそうで、

・それぞれの戦い
・チームの集結
・力を合わせた戦い
・形勢不利
・最後に復活

のように分けたそうです。

そしてこの構成は、戦争映画からヒントを得たとジョス・ウィードンは語ります。

確かに登場人物が非常に多い戦争映画では、いかにそれぞれの登場人物を魅力的に見せるかが腕の見せ所であるように、ヒーローが大集結する『アベンジャーズ』にも合った資質なのかもしれませんね。

ほっこりエピソード

すげーどうでもいいくらいのほっこりエピソードですが、僕自身嬉しかったので紹介します笑。

ラストにソーがロキとともにアスガルドに帰るシーンの撮影は、キャストたちも久しぶりの再会だったらしく、撮影が難航するくらい近況報告の会話が弾んだそうですよ笑!

仲が良さそうだとこっちも嬉しくなっちゃいますよね笑!

コチラもおすすめ

ここまで読んでいただき本当にありがとうございました!

読んでいただけた方が一人でもいたなら感謝感激です!

文章も内容も日々精進してまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!

次回は、第7回『アイアンマン3』です!

MCUの舞台裏!第7回『アイアンマン3』─モチーフの神話とは─(感想・解説・裏話)「人は神のごとく想像してきた。創造こそが人の最も大切な仕事である。」 ──ジョン・バローズ(エッセイスト)。 みなさんこんにちは!オ...

まとめ記事はこちら

【まとめ】マーベル・シネマティック・ユニバースの舞台裏!2019年4月26日、「アベンジャーズ/エンドゲーム」の公開を記念し、当ブログではマーベル・シネマティック・ユニバース(以下MCU)を製...

U-NEXTで無料視聴

今すぐ無料で『アベンジャーズ』を観ませんか?

今すぐ無料で見る

無料トライアル期間中に解約すれば月額料金は一切発生しません。

『アベンジャーズ』は

2019年9月14日 23:59まで配信です。

U-NEXTに登録すると600ポイントが自動的に贈呈され、コチラのポイントを利用することで『アベンジャーズ』を見ることができます。

登録は3分ほどで完了し、31日以内に解約すれば料金は一切発生いたしません。

U-NEXTの特徴

登録は約3分で超簡単!

登録時にもらえるポイントで新作の視聴が可能!

31日以内に解約すれば料金がかからない!

U-NEXTに登録する

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。