アクション

MCUの舞台裏『インフィニティ・ウォー』─サノスに始まり、サノスに終わる─ネタバレ・感想・解説

みなさんこんにちは!オレンチ(@1080Buttobi)です!

2019年4月26日に『アベンジャーズ/エンドゲーム』が公開に向け、当ブログではマーベル・シネマティック・ユニバース(以下MCU)を製作者目線で振り返って参ります。

DVDやブルーレイの特典映像から裏話をご紹介します!

さて今回はMCU第19作目『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』です!

今回もブルーレイに収録されている約50分の特典映像、

および

アンソニー&ジョー・ルッソ兄弟(監督)、クリストファー・マルクス(脚本)、スティーブン・マクフィーリー(脚本)の4名による音声解説を参考に『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を振り返りました。

音声解説の参加者が多いですがつまるところ、

監督兄弟と、

脚本家2名

による音声解説です。

それでは本題に入っていきましょう!

サノスの旅

本作の冒頭、音声解説で4人は口を揃えてこう語っていました。

「サノスに始まり、サノスに終わる。この作品はサノスの旅だ。」

「サノスを中心に物語が進む。そのに全員を放り込んだ。」

以前、Filmarksのレビューで「本作の主人公を一人選ぶとしたらサノス」と書きましたが、概ね製作者の意図を捉えていたとうことになるかなと思います。

ではサノスは何のために旅をしているかといえば、インフィニティ・ストーンのためですよね。

その旅のがなぜこれほどまでに面白いのか─。

もちろん主役級が20人以上も一つの映画に集まっているわけですから、面白いに決まっているのですが、それを超える何かが『インフィニティ・ウォー』にはあります。

それは一体何なのか。ジョー・ルッソの言葉にその答えが隠されていました。

「いいプロットとは、キャラクターの感情と必ず結びついているものだ。」

うーん。何だか意味深な言葉ですね。

ではもう少し具体的に。

「石が関わるシーンは、キャラクターの感情が伴うシーンにしたかった。石を奪われる者の感情や、石を得るために大切なものを犠牲にする者の感情だ。」

「ただ石を奪うだけじゃ面白くない。キャラクターが深く絡む形にしないとね。」

どうでしょうか?

思い返すと石がサノスの手に渡るシーンはいずれも誰かが犠牲になり、大きく感情が動いていたと思います。

ちょっと振り返って見ましょう。

スペース・ストーン(四次元キューブ)

ソーがサノスに敗北し、ロキとヘイムダルが殺害される。

リアリティ・ストーン

ガーディアンズがサノスに敗北し、ガモーラが拐われる

ソウル・ストーン

サノスが自らの手でガモーラを殺害する。サノスが悲しむ表情を見せる。(本作でもっとも衝撃的な感情の動き!)

タイム・ストーン

アイアンマンのチームがサノスに敗北。トニー・スタークが刺され、絶対に渡さないと断言していたドクター・ストレンジが石を手放す。

マインド・ストーン

キャップらの抵抗も虚しく、ヴィジョンが殺害され石を奪われる。

いかがですか?

このように大きく感情を動かすシーンが、均等に物語に散りばめているおかげで常に緊張感を持った面白い物語となっているのです。

またサノス旅の中で、冗長にならないように工夫されていることがもう一つあります。

繰り返しにならないように気をつけた。

と語っていました。

どういうことかと言うと、例えば

本作にはパワー・ストーンをザンダー星から奪うシーンがありませんが、当初は予定されていたそうです。

しかしノーウェアでリアリティ・ストーンを奪うシーンとほぼ同じで、繰り返しになってしまうため、パワー・ストーンのシーンはカットしたそうです。

それと同じように、サノス一人が各地を回って石を奪うようであればそれも繰り返しになってしまうので、ブラックオーダー(エボニー・マウ達)が地球に来たと言うわけです。

ちなみにジョー・ルッソ曰く、サノスは社会病質者(ソシオパス)だそうですよ。

ソシオパスとは

主に英語圏において社会病質を意味するソシオパシー「sociopathy」の状態にある者、つまり社会病質者を示す語。日本では精神病質者を意味するサイコパス「psychopath」と同じく反社会性パーソナリティ障害者に分類されており、あくまで病気ではないと定義される。ソシオパスは他者への共感が欠如した人間であるとされ、他にも様々な条件を鑑みて認定される。サイコパスとの違いとして語られることが多いのは、サイコパスは積極的に他者を傷つけるのに対しソシオパスはそうではない、またサイコパスは先天的な者が多いのに対しソシオパスは育った環境などに影響された後天的な者が多いといったものである。

weblio辞書より

 

 

ちょっと裏話

今回は裏話だったり、『エンドゲーム』につながるかもしれない「もしや!?」な情報をお届けします。

生き残ったアスガルド人

音声解説の中で、アスガルドから出発した宇宙船が破壊された時、強調されて語られていた部分が借ります。

それが生き残ったアスガルド人がいると言うことです。

もうすでにポスターからも生存確認ができていますが、生き残ったアスガルド人とは《ヴァルキリー》のことです。

はっきりとルッソ兄弟がコメンタリーの中で語っていました。

かなりはっきりと語っていたので、確実に『エンドゲーム』に見せ場があるのではと予測しています。

生存確認が取れたポスター。

ちなみにコーグは殺されたようですw

音声解説の中で「コーグのために祈ろう」と言ってましたw

 

冒頭の救難信号はあの人!

冒頭に発信されている救難信号の声の主はある大物俳優兼監督だったのです。

その監督とは、『マイティ・ソー』の監督を務めたケネス・ブラナーですw

ハルクの真意

本作のハルクは冒頭でサノスに完膚無きまでに敗北して以来、姿を見せませんでした。

ハルクが怖気付いてしまったと思っている方も少なくないのではないでしょうか?

僕も正直サノスのことを恐れてPTSDのようになってしまったのかと思っていました。

実際のところはどうかと言うと、

ヒーローでいることに疲れたからでてこない。

のだそうですw

つまり、戦うことが怖くなってしまったのではなく、フルボッコにされて拗ねちゃっただけだそうですよw

そういえば、『ソー/ラグナロク』のコメンタリーでタイカ・ワイティティ監督がソーとハルクが会話しているシーンで、

「僕と7歳の娘が会話している時を想像して撮った」

ともおっしゃっていたのを思い出しましたw

コチラもおすすめ

さて今回もここまで読んでいただきありがとうございました!

読んでいただけた方が一人でもいたなら感謝感激です!

U-NEXTで無料視聴

『アベンジャーズ/インフィニティウォー』を無料で今すぐ視聴するにはU-NEXTがおすすめ!

U-NEXTがオススメな理由
  1. 31日間無料で、無料期間が一番長い
  2. 最新作の配信がどのサービスよりも早い
  3. 80,000本が見放題
  4. その場ですぐに視聴可能
  5. 雑誌や漫画・アダルト作品も多数あり
  6. MCU作品が22作品全て配信中

詳しくは以下の記事をご覧ください!

『アベンジャーズ インフィニティウォー』無料フル動画を今すぐ視聴しよう(日本語吹き替えあり)【ネタバレ無し感想】『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日に日本公開された150分のアメコミ映画です。 この記事では『アベン...
関連記事
アクション

映画「イコライザー」ネタバレ・感想・解説 ジョン・ウィックも青ざめる!殺し屋ロバート・マッコール!

2019年2月4日
オレンチの映画ブログ
空は飛べないし、銃弾も止められない。だが"ヒーロー"と呼ぶに値する資質がある。 ──映画「イコライザー」メイキングより。 みなさーん!イ …
アクション

MCUの舞台裏!第9回『キャプテンアメリカ/ウィンター・ソルジャー』─70年代スリラーが与えた影響─(感想・解説・裏話)

2019年2月20日
オレンチの映画ブログ
「優れた音楽家は借りずに盗む」 ──イーゴリ・ストランヴィンスキー(作曲家)。 みなさんこんにちは!オレンチです。 この記事を開い …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。