ポットキャスト始めました!

映画『アイデンティティー』のあらすじ・見どころ・オススメ度|配信動画を無料で観る方法は?

見どころ

  • 偶然集まったはずの11人にとある共通点が!?”衝撃のラスト系”映画!
  • 2度目こそ真価を発揮する作品!2回以上の鑑賞推奨!

『アイデンティティー』の作品情報

オススメ度 (4/5)
公開日2003年
制作国アメリカ
上映時間90分
ジャンルミステリー
サスペンス
スリラー
スプラッター
あらすじ

嵐の夜、人里離れた一軒のモーテルに閉じ込められた11人。一人、また一人と惨殺され、恐怖と疑念が蠢く。一方、ある一室では死刑を直前に控えた殺人鬼の再審理が行われていた。二つの事件が一つにつながった時、驚愕の真実が明らかになる。

U-NEXTより引用

『アイデンティティー』の見どころ解説

『アイデンティティー』は2003年に公開されたジェームズ・マンゴールド監督のサスペンス・スリラー。

大雨によって偶然同じモーテルに集まった11人。一人、また一人と惨殺されていく中、偶然集まったはずの11人にとある共通点があることに気づき──というように、ラストのネタバラシが最大の見どころとなる、いわゆる”衝撃のラスト系”の作品です。

もちろんラストのネタバラシが如何に衝撃的か。という点は本作のような作品にとって非常に重要ではありますが、それ以上に重要だと思うのは「どれだけ劇中の中で答えを語っているか」だと思います。

どういうことかと言うと、オープニングやラストまでのあらゆるシーンで、結末に気づくヒントのようなものが散りばめられてこそ、”衝撃のラスト系”の映画は真価を発揮すると考えています。

つまり2度目が面白くなるように”衝撃のラスト系”の映画は作られるべきだと思うんです。

その点で言えば本作『アイデンティティー』は非常に2度目が面白い作品です。なんとオープニングですでに答えが語られてんですよね。1度目の鑑賞では「何やら意味深なシーンだな」くらいしか感じなかったものが、2度目の鑑賞ではその輪郭がはっきりとわかるようになっているんです。

他にも随所にそんな仕掛けがあり、結末を知っているからこそ「なるほど!」と感じるシーンに溢れています。

またほとんどのシーンをモーテルの中で過ごす本作ですが、ワイドスクリーンを巧みに使っていたと思います。と言うのも画面半分で被写体となる俳優の表情をアップで捉え、残り半分でそのシーンに関わる別の登場人物や物を写しているので、表情をしっかりと捉えつつも、空間的な状況がとてもわかりやすい構図が練られています。

例えば何かに怯えるような表情をした俳優のアップと捉えた残り半分の画角でブラー(ぼかし)の入った人物を映せばスリル満点なショットになりますよね。

ジェームズ・マンゴールドは映画史にも造詣が深く、本作をノワール映画っぽく演出したと語っていました。また本作はヒッチコックを多く参考にしているようで、『サイコ』(60)もその一つに挙げていましたね。(『サイコ』を観ていれば「リスペクトっぽいな」と思うシーンがあります)

ジェームズ・マンゴールドの前作『ニューヨークの恋人』が2001年公開、前前作の『17歳のカルテ』が1999年公開なので約2年越しに映画を撮るペースでしょうか。十分早撮りに分類されますよね。

そんなわけで『アイデンティティー』、気になる方は是非ご鑑賞ください。

こんな人にオススメ
衝撃のラストが好き!
 (5)
展開の読めないサスペンスが見たい!
 (5)
映画は2回鑑賞する派!
 (5)
登場人物が多い映画が好き!
 (5)

配信状況

配信サービス項目項目

u-next
見放題配信中今すぐ鑑賞
31日間無料
月額2,189円

Disney+
配信なしお試し登録
無料期間なし
月額990円

amazon
レンタル配信今すぐ鑑賞
31日間無料
月額500円

NETFLIX
配信なしお試し登録
無料期間なし
月額880円

hulu
配信なしお試し登録
14日間無料
月額1,026円

AppleTV+
配信なしお試し登録
7日間無料
月額600円

配信状況は上記の通り。現在『アイデンティティー』を配信している動画配信サービスはU-NEXTとAmazonプライムビデオのみ。

U-NEXTなら見放題で『アイデンティティー』を配信しているので、無料期間中に解約すれば料金は発生しません。初めての登録なら600円分のポイントがもらえるのでオススメです。

U-NEXTポイントの使い方・お得な貯め方・Uコインとの違い【使用期限に注意】

というわけで『アイデンティティー』を見るなら、今のところU-NEXT一択かなと思います!

簡単登録!

30日間無料

注意

配信状況は2023年7月4日時点のものです。

『アイデンティティー』のDVD&ブルーレイ情報

『アイデンティティー』はDVDとBlu-rayのフォーマットで販売されています。特典にはジェームズ・マンゴールド監督の音声解説と、本作の脚本を執筆したマイケル・クーニーの音声解説という2バージョンの音声解説がついています。

この音声解説はなかなか秀逸なので、より深く『アイデンティティー』について理解を深めたい人はぜひぜひDVDの購入も検討してみてください!

その他のサスペンス作品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。