ドラマ

「クリード炎の宿敵」極上ドラマ3つ分の感動!(感想ネタバレあり解説)

『ロッキー・ザ・ファイナル』が終わった時、「あ〜とうとう終わってしまったんだなぁ〜」と思ったものですが…

https://moviework-orenchi.com/rockysbirth/

その約10年後、神映画『クリード チャンプを継ぐ男』としてまさかの再始動でした!!

まぁ続編はやるんだろうと思ってはいましたが、ぶっちゃけこれ超えるのは無茶苦茶ハードル高いんじゃね?と思っていた次第なんですが…

出演者の一覧を見ていたら、ドルフ・ラングレンがぁぁぁぁぁ!!!!!

つまりドラゴ!!!!!

父の仇、親友の仇、唯一ロッキー・バルボアが消化しきれていないもの…
ビリビリと感じる《神越え》の予感…
百聞は一見にしかず。早速鑑賞してまいりました!!!

作品情報

クリード 炎の宿敵

原題:Creed II
監督:スティーブン・ケイプル・Jr.
制作:シルヴェスター・スタローン
   ケビン・キング・テンプルトン
   チャールズ・ウィンクラー
   ウィリアム・チャートフ
   デビッド・ウィンクラー
   アーウィン・ウィンクラー
制作総指揮:ライアン・クーグラー
      マイケル・B・ジョーダン
      ガイ・リーデル
キャラクター創造:シルヴェスター・スタローン
原案:サッシャ・ペン
   チェオ・ホダリ・コーカー
脚本:シルヴェスター・スタローン
   ジュエル・テイラー
撮影:クレイマー・モーゲンソー
美術:フランコ=ジャンモ・カルボー
衣装:リズ・ウルフ
編集:デイナ・E・グローバーマン
   サイラ・ハイダー
音楽:ルドウィグ・ゴランソン
音楽監修:ファム・ウデオルジ
     ジェン・マローン

キャスト:マイケル・B・ジョーダン
     シルヴェスター・スタローン
     テッサ・トンプソン
     フィリシア・ラシャド
     ドルフ・ラングレン
     フロリアン・”ビッグ・ナスティ”・ムンテアヌ
     ラッセル・ホーンズビー
     ウッド・ハリス
     アンドレ・ウォード
     マイロ・ビンティミリア
     ブリジット・ニールセン

あらすじ  

ロッキーの指導の下、世界チャンピオンに上り詰めたアドニスは、かつて父アポロの命を奪ったイワン・ドラゴの息子ヴィクターと対戦することになる。ヴィクターの反則行為により試合には勝利したものの、納得のいく勝利を飾ることができなかったアドニスは、心身ともに不調に陥ってしまう。やがて婚約者のビアンカが出産して父親になったアドニスは、ロッキーから父親という存在の大切さを諭され、しばらく一線から遠のくことに。しかし、「ボクシングこそが自分そのもの」と気づいたアドニスは、ヴィクターとの再戦を決意する。(以上、映画.comより) 

スタッフ・キャストについて

監督は今、大大大注目のライアン・クーグラーに変わり、スティーブン・ケイプル・Jrに…って誰?

前作はライアン・クーグラーの熱意とマイケル・B・ジョーダンとの神タッグが作品の成功にめちゃくちゃ貢献してたと思うんですが、無名監督に一抹の不安が…

ちなみに神タッグの記念すべき1作目。『フルートベール駅で』も素晴らしいのでこちらもオススメです。

とまぁ、めちゃくちゃ不安だったわけですが、よく調べてみたらライアン・クーグラー直々の指名だったんですね!それならなんだか期待を持っても良さそう!

それにしてもここのところのスタローンはまじ、神がかってますね!

『ランボー5』は名作臭プンプンするし、『大脱出2』に留まらず3もポストプロダクション中だし、『エクスペンダブルズ4』の話だってあります。

しかも、『ロッキー4』から結婚⇨スピード離婚の果て、財産分与で全財産の半分をかっさらっていった(まぁスタローンも浮気ですが笑)ブリジット・ニールセンをキャスティングする懐の深さ!恐れ入ります笑

まじトム・クルーズかスタローンかってぐらい時代を代表する”映画人”だとおもうんですよね。

そんな”映画人”スタローンですが、長いキャリアの中でも自他共に思い入れが強いキャラクターがこのロッキー・バルボアでしょう。

これがまた不思議なことに、ロッキーとスタローンの人生のリンクっぷりが半端ないんですよね。まるで映画史に『ロッキー』という名作シリーズを残すために生まれてきたんじゃなかってぐらいのリンクっぷりです。この辺の話を語り出すと長〜〜〜くなってしまうので、その話はまたいずれ記事にしたいかなと思います。

記事更新しました!

https://moviework-orenchi.com/rockysbirth/

とにかくシルヴェスター・スタローンが映画史に多大な遺産を残したことは間違いないでしょう!!

大好きだ!スタローン!

感想

さて、ここからが鑑賞後の感想ですが

とりあえず一言。

これ最高でしょ?

もう一回言っていい?

これ最高だ!!!!

鑑賞するまではなんだかんだで期待と不安が半々だったんですが、まさかここまで仕上がってるとは恐れ入りました。まじこの『ロッキー』を含めたこのシリーズは不屈の精神と感動をどこまでインフレさせるんでしょうね。

 

極上ドラマ3作品分の満足度!

タイトルでも触れましたが、まさにこの分量の満足度でした。

満足度でいうと『L.A.コンフィデンシャル』を見たときも同じようなことを感じたんですよね。これもオススメ!

で、それぞれのドラマをどう区切るかというと、

一つ目はもちろん、アドニス・クリードのドラマ。

二つ目はやっぱり、ロッキー・バルボアのドラマ。

そして三つ目は、ドラゴ親子のドラマです。

どのドラマももちろん素晴らしいのですが、とりわけ不意打ちで完全にノックアウトされたのがドラゴ親子のドラマです。冒頭からただの敵役じゃねーな感を思いっきり漂わせていたのわけですが、《33年間不遇だった男》の心に溜まった憎しみとその浄化までがとにかく渋く、深いんです。

物語の始まりから終わりまでに変化していく登場人物が興味を持てる良い登場人物だと思っていますが、その点、本作の中でドラコ親子を上回れる登場人物はいないでしょう。

スタローンとロッキーがリンクしてると前述しましたが、面白いもので、ドルフ・ラングレンとイワン・ドラゴもまたリンクしてるんです。

『ロッキー4炎の友情』でイワン・ドラゴ役を勝ち取ると、一躍脚光を浴びますが、『ユニバーサル・ソルジャー』のような無機質な役が多く、いわゆるタイプキャストになってしまい徐々に飽きられ、最前線から姿を消してしまいます。

近年『エクスペンダブルズ』シリーズなどで再び脚光を浴び出していますが、そう思うと今作はさらに感慨深くなりますよね。

ちなみにドルフ・ラングレンはIQ160の超インテリなんですよ!

真の新章スタート!アドニス・クリード!

前作ではなんだかんだで、比重がアドニスとロッキーで半々くらいだったような気がするんですよね。それに比べると今作はかなりアドニスに比重が寄ったなと思いました。

ただ、ぶっちゃけ第一幕はあんまりノれなかったんですよね。なんかまだこっちの熱量が追いつく前にタイトルマッチして、チャンプになって、画面の中は大盛りあがりなんですが、正直テンションが全然追いつけてなくて。

が、しかし。

第二幕目、ヴィクターとの初戦後からが良きこと良きこと。王者として夫として、そして父親として、実質敗北したことに対しての葛藤が痛いほど伝わるんですよ!

あの病室での悔し涙ったらこっちまで悔しくなっちまうじゃないっすか!

守るべきものができたアドニスに、人生の重いパンチ降りかかり、それでも尚進み続けることを自分自身で学んでいくのですね。

それにしても娘に難聴が遺伝してしまった事がわかった時のロッキーのあのセリフはなんと名台詞なんでしょうか…

「あの子は自分のことを憐れんでない」

前に進み、再戦の中でシームレスに流れるロッキーのテーマたるや、テンション爆上がりでしたね。

爆上がりの”チャンプ受け継ぐ”入場シーン!!!

『ロッキー』シリーズと『クリード』シリーズって話運びは基本どれも同じテンプレにはまっていて、すったもんだしてPVみたいな特訓シーンがあって、クライマックスの試合って形なんですが、この試合に挑む際の入場シーンが完全に過去最高でした!!!

《クリードの血≫なのか、チャンプになったアドニス・クリードの入場は、ロッキー・バルボアの入場とはまるで違う《魅せる入場》でしたね。これってチャンプとして必要な資質というか、強さだけでなくエンターテイナーとしても素晴らしいのが最高のチャンプだと思うんですよね。

ある意味ロッキーよりもチャンプらしいじゃありませんか。

そしてここのテッサ・トンプソンがまじかっこよすぎ!!!!

この入場シーンを見たとき、「これから凄い事が起きるぞ…」と確信しましたよ。

 

委ねられたタオルの行方

『ロッキー4 炎の友情』からずっと引きずっているタオルを投げた、投げなかったの責任ですが、本作でもしきりに取り上げられてましたね。

まぁ誰かには委ねられるんだろうなとは思っていましたが、まさかイワン・ドラゴだったとは…

あの瞬間、涙腺崩壊の大号泣でした。

かつてロッキー・バルボアがアポロ・クリードとの試合で、フルラウンド立ち続けた事で、『試合に負けて勝負に勝った』ように、勝つことに執着しきっていた不遇の男が、最後の最後で息子を想い、人間味を取り戻したことで『試合に負けて勝負に勝った』のではないでしょうか。

止まれぬヴィクターを抱きしめ、「もういいんだ」と声をかけるイワン・ドラゴの背中は超かっこいい父ちゃんでしたね!

完結!ロッキー・バルボア

僕の大大大大好きな『ロッキー・ザ・ファイナル』のラストで全てを出し切ったと言っていたロッキーですが、本作で本当に全てを出し切ったんじゃないかなと想います。

『クリード チャンプを継ぐ男』から本作にかけてアドニス・クリードに完全に世代交代を成し得ましたね。

「お前の時代だ」と言い、アドニスを見守るロッキーの背中はなんとも寂しいものです。

今回劇場に足を運ぶ前に、一からシリーズを見直したのですが、物凄く気になってたのが息子、ロバート・バルボアの存在です。

『ロッキー・ザ・ファイナル』で感動的に親子の絆を取り戻したにもかかわらず、『クリード チャンプを継ぐ男』じゃ彼女とカナダに行っちゃったですと!!

しかも本作では子供生まれたのに親にも合わせに来ないなんて飛んだドラ息子じゃねーか。。。

まぁ『クリード チャンプを継ぐ男』のプロット上、必要な措置ですし、そもそもスタローン自身、実の息子をファイナルとクリードの間に亡くしていて思うところもあったんじゃないかなと思います。

そんな気がかりだった息子との再会も置いてけぼりにすることなく気になる部分を全て消化しきってくれたんじゃないかなと思います。

それにしても徐々にロッキーとミッキーが重なって見えてきましたね。

おそらく間違いなくクリード3はやるでしょうし、その時が本当にロッキー・バルボアの去り際でしょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。