アクション

MCUの舞台裏『スパイダーマン:ホームカミング』─トム・ホランドありきの作品─ネタバレ・感想・解説

みなさんこんにちは!オレンチ(@1080Buttobi)です!

2019年4月26日に『アベンジャーズ/エンドゲーム』が公開に向け、当ブログではマーベル・シネマティック・ユニバース(以下MCU)を製作者目線で振り返って参ります。

初めてこの記事に訪れた方のために簡単に説明しておきますと、すでに発売されているDVDやブルーレイの特典映像から、ちょっと「ヘェ〜」な小ネタや裏話、掘り出し物の情報を引き出しながら、シリーズ作品を振り返って「アベンジャーズ/エンドゲーム」に備えよう!という意気込みです。

さて今回はMCU第15作目『スパイダーマン:ホームカミング』です!

今回はブルーレイに収録されている役100分の特典映像からお届けいたします。

音声解説は付いていませんでした!残念!

トム・ホランドありきの作品だ

制作総指揮のジェレミー・レイチャムは、特典映像の中でこうコメントしていました。

何故そこまで言わせたのか。

それはズバリ、

トム・ホランドの身体能力の高さ

です。

なんと驚くことに、本作の95%はトム・ホランド本人が演じているそうです。

スパイダースーツを着たスタントはもちろんのこと、モーションキャプチャーでさえもトム・ホランド自身が演じています。

冒頭の『A Film by Peter Parker』の中でピーターが喜びのあまりバク宙するシーンがありますよね?

僕は完全に特殊効果だと思ってたんですが、ワイヤーに吊られているトム・ホランドが実際にバク宙しているんです。

あの動きを本人ができれば、あとはほとんどのアクションをこなせていても頷けますよね!

本作は演技に、スタントに、モーションキャプチャーに、アフレコに…とにかく引っ張りだこなトム・ホランド君だったようで、プロデューサーのケヴィン・ファイギを筆頭に、トム・ホランドをベタ褒めな特典映像でした。w

本作でピーター・パーカーを演じてからの人気は言うまでもなく、彼のポテンシャルを知れば知るほど、今後あらゆる役で期待が高まる新人さんですね!

ひとまず、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』に大いに期待をいたしましょう!

ちょっと裏話

今回も特典映像から拾ったちょっとした裏話をお届けいたします。

マイケル・キートンは本当に怖かった!?

本作のメインヴィランは、マイケル・キートン演じるエイドリアン・トゥームス a.k.a ヴァルチャーですよね!

バットマンにバードマン、そしてヴァルチャーと、よっぽど翼にゆかりのある俳優さんなんでしょうが、くだらないことは置いといてw

ピーター・パーカーが車の中でバックミラー越しにトゥームスに睨まれるシーンがありますよね?

あのシーンのトムホ君はガチでマイケル・キートンにビビっていたそうですw

と言うのも、あのシーンがマイケル・キートンとの初撮影だったそうで、ろくに会話することなく撮影に挑んだためそういったことになったみたいですw

きっとジョン・ワッツ監督の手腕なのでしょうw

コチラもおすすめ

さて今回もここまで読んでいただきありがとうございました!

読んでいただけた方が一人でもいたなら感謝感激です!

次回は、

U-NEXTで無料視聴

『スパイダーマン ホームカミング』を無料で今すぐ視聴するにはU-NEXTがおすすめ!

U-NEXTがオススメな理由
  1. 31日間無料で、無料期間が一番長い
  2. 最新作の配信がどのサービスよりも早い
  3. 80,000本が見放題
  4. その場ですぐに視聴可能
  5. 雑誌や漫画・アダルト作品も多数あり
  6. MCU作品が22作品全て配信中

詳しくは以下の記事をご覧ください!

『スパイダーマン:ホームカミング』無料フル動画を今すぐ視聴しよう(日本語吹き替えあり)【ネタバレ無し感想】『スパイダーマン:ホームカミング』は2017年8月11日に日本公開された133分のアメコミ映画です。 この記事では『スパイダーマン...
関連記事
アクション

裏側から見たMCU!第3回「アイアンマン2」 ─続編というプレッシャーへの挑戦─(ネタバレ・解説・裏話)

2019年2月7日
オレンチの映画ブログ
「1作目のどのシーンより複雑だが、今回はこれが普通だ。」 ──ケヴィン・ファイギ(MCUプロデューサー)。 2019年4月26日に「アベ …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。